科学技術振興機構から創出された研究成果に基づく特許技術による新技術説明会を開催します。

新技術説明会では、ライセンス可能な特許技術を発表することを原則としており、研究者自らが、ビジネスマッチングを意識したプレゼンテーションを行います!
オンラインでの開催となります。ぜひ、お気軽にご参加ください。

日時 開催日:2022年2月18日(火)  (申込受付:2月17日正午まで)
会場
参加費
定員 申込受付中
対象
主催
共催
後援
内容 【プログラム】
   9:55~10:00
   開会挨拶
   科学技術振興機構 産学連携展開部 笹月 俊郎

(1)10:00~10:25
  「品質の揃ったスフェロイド/オルガノイドを低コスト高効率生産する培養足場」
   近畿大学 生物理工学部 人間環境デザイン工学科 楠 正暢

(2)10:30~10:55
  「1細胞ごとに発現する糖鎖とRNAを同時プロファイリングする技術」
   産業技術総合研究所 細胞分子工学研究部門 多細胞システム制御研究グループ 舘野 浩章

(3)11:00~11:25
  「胚操作と生後の食事により2型糖尿病、糖尿病性腎症、脂肪肝炎を呈するマウスモデル」
   山梨大学  大学院総合研究部 生命環境学域(生命環境学部) 地域食物科学科 望月 和樹

(4)11:30~11:55
  「ユニバーサルハロゲン標識基を利用した放射性診断および治療技術の開発 」
   東京工業大学 物質理工学院  応用化学系 田中 浩士

(5)13:00~13:25
  「次世代型半導体(ISFET)pHセンサー」
   東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 茅根 創

(6)13:30~13:55
  「牛ルーメン液を活用したリグノセルロースバイオマスのメタン変換効率の改善」
   東北大学 大学院農学研究科 動物環境システム学分野 多田 千佳

(7)14:00~14:25
  「デンプン由来の低分子量オイルゲル化剤」
   農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 食品加工・素材研究領域 バイオ素材開発グループ 岩浦 里愛

(8)14:30~14:55
  「NanoSuit法を用いた食品保護・健康維持技術」
   浜松医科大学 光尖端医学教育研究センター ナノスーツ開発研究部 針山 孝彦

(9)15:00~15:25
  「プラズマで天然物由来高分子を高速分解する食品原料製造法」
   大阪市立大学 大学院工学研究科 電子情報系専攻 白藤 立

<注意事項>
・聴講者のPCやネットワーク設定等により当日聴講いただけない場合、JSTは対応致しかねますので予めご了承ください。
・当日システム障害が発生した場合には説明会を中止させていただきます。発表資料が新技術説明会webサイトにて公開されますのでそちらをご覧ください。
備考

お問合わせ

科学技術振興機構 産学連携展開部産学連携プロモーショングループ
scett@jst.go.jp
東京都千代田区五番町7 K’s五番町